スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ubuntuでのシングル起動の仕方
ubuntu linuxはデフォルトではrootパスワードは設定されないため
シングルモードでメンテを行いたい時に不自由だったりします。
下記の方法でシングルモードでroot権限のシェルが使えます。
ちなみにdebianもやり方は一緒。

GRUB画面でESCでGRUBのメニューを出す
カーネルの選択画面でeを押しエディットモードへ入る
kernelの記述のある行を選択してeを押す
roの部分をrwに変更、linux single init=/bin/shを行末へ追加
bを押してbootする
スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

【2006/07/07 21:11】 | tips | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
xchat-irc
xcat-ircっていうのは、IRCクライアントソフト。
windows版とかも出ているようだけど、今回はubuntuで使用。
installは何も考えずにapt-get install xchatするだけ。

そのままだと同じチャンネルに接続している、例えばwinユーザから
発言が文字化けして見えるので、そこだけ修正。


起動時、もしくはメニューからサーバ一覧画面を出す。
設定されたサーバを選択して右側にあるEDITボタンクリック。
character setのダイアログでISO-2022-JP (Japanese)を選択してokをクリック。

以上で完了。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

【2006/04/24 22:24】 | tips | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Linuxのランレベル
ランレベルっていうのは起動状態の事・・・でいいのかな?

コンソールからのrootアカウントのみがログインできるrunlevel 1とか。
デフォルトならrunlevel 3、Xが起動するようにしてあるならデフォルトは5になります。
Linuxの各ランレベルは下記の通り。

0:OS停止
1:シングルユーザモード
2:マルチユーザモード・NFS無し
3:マルチユーザモード・NFS有り
4:未使用
5:マルチユーザモード・X起動
6:再起動



ただし、それぞれのランレベルの挙動も設定で変更できます。
rc.dの下のrc3.d等、ランレベルごとの挙動を記したディレクトリの中身を操作します。

# ls -l /etc/rc.d/
合計 68
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 init.d
-rwxr-xr-x 1 root root 2310 2月 20 2004 rc
-rwxr-xr-x 1 root root 220 6月 24 2003 rc.local
-rwxr-xr-x 1 root root 25001 3月 15 2005 rc.sysinit
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 rc0.d
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 rc1.d
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 rc2.d
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 rc3.d
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 rc4.d
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 rc5.d
drwxr-xr-x 2 root root 4096 1月 14 14:45 rc6.d

# ls -l /etc/rc.d/rc3.d/
合計 0
lrwxrwxrwx 1 root root 19 1月 12 21:39 K05saslauthd -> ../init.d/saslauthd
lrwxrwxrwx 1 root root 19 1月 12 21:43 K08ip6tables -> ../init.d/ip6tables
lrwxrwxrwx 1 root root 19 1月 12 21:44 K10dc_server -> ../init.d/dc_server
lrwxrwxrwx 1 root root 16 1月 12 21:42 K10psacct -> ../init.d/psacct
lrwxrwxrwx 1 root root 19 1月 12 21:44 K12dc_client -> ../init.d/dc_client
lrwxrwxrwx 1 root root 14 1月 12 21:42 K24irda -> ../init.d/irda


~ 長いので省略 ~

lrwxrwxrwx 1 root root 25 1月 14 00:49 S98postgres -> /etc/rc.d/init.d/postgres
lrwxrwxrwx 1 root root 15 1月 12 21:44 S99httpd -> ../init.d/httpd
lrwxrwxrwx 1 root root 11 1月 12 21:39 S99local -> ../rc.local


中身は/etc/rc.d/init.d/の下にある起動スクリプトへのリンクです。

Kで始まるエントリはプロセスの停止をします。
起動しているプロセスに対しては何もしません。
Sで始まるエントリは、プロセスの起動をします。

起動スクリプトの実行順序はSやKに続く数字の順番です。

例えば、コンソールモードではhttpdを起動したいが、Xを起動させる時はhttpdを止めておきたい何ていう場合、rc3.dにはS99httpd、rc5.dにはK99httpdを設定(あるいは削除しても問題ありません)しておきます。
新規で起動プロセスを設定したい場合は、ランレベルに応じたディレクトリに起動スクリプトへのリンクを作ります。

ln -s /etc/rc.d/init.d/起動スクリプト /etc/rc3.d/新しい起動スクリプト

# ln -s /etc/rc.d/init.d/httpd /etc/rc3.d/S99httpd



デフォルトのランレベルは/etc/inittabの中で設定されています。
# grep default /etc/inittab |grep -v ^#
id:3:initdefault:



現在のランレベルを知るにはrunlevel、もしくはwhoコマンドを使用します。

# runlevel
N 3
# who -r
run-level 3 Jan 18 12:40 最後=S
#


ランレベルの切り替えにはinitコマンドを使用します。
LinuxのOS再起動にはshutdown -r nowとするのが普通ですが、init 6とやっても再起動できます。



他のUNIX系OSではランレベル毎の挙動が異なる場合があります。
例えばSolarisですと、runlevel 5で電源を停止します。
SolarisでXを起動しようと思って、Linux同様にinit 5なんて叩くと、サーバが停止します。

逆に、普段Solarisを使っている人がやる失敗として

#shutdown -i6 -g0 -y
(Solaris等でのリブートコマンド)
を入力してしまうというのがまれにあります。

Linuxではこれらの引数は評価されず、shutdownだけが実行されますので、OSは再起動せずに停止します。


【2006/02/19 13:30】 | tips | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
パーミション
ファイルやディレクトリに対するユーザ権限の事です。

#ls -l
-rwxr-xr-x 1 hoge hogars 26 Nov 11 20:33 huga.sh

rwxr-xr-x
↑この部分がhuga.shというファイルの権限を示しています。

一番左の-は特殊ビットと呼ばれており、今回は無視。

次の、rwxがオーナ、次のr-xがファイルの属するグループ、一番右のr-xがその他のユーザに与えられた権限です。

rはファイルの読み取り可能
wはファイルへの書き込み可能
xはそのファイルの実行可能

例でのhogeは、ファイルhuga.shのオーナ名、hogarsがグループ名です。

また、パーミションは数字(オクテット)でも表現できます。

4はファイルの読み取り可能
2はファイルへの書き込み可能
1はそのファイルの実行可能

例のrwxr-xr-xであれば、755となります。

読み取り、書き込み、実行可能=4+2+1=7
読み取り、実行可能=4+1=5

って感じです。
オーナに読み取り権を設定し、他のユーザは読むことも出来ないようにするなら400に設定します。





パーミションの変更にはchmodコマンドを使います。

chmod 700 ファイル名

3桁の数字部分に変更したい権限を数字にして入力します。




オーナの変更にはchownコマンド、所有グループの変更にはchgrpコマンドを使います。

chown オーナ名 ファイル名
chgrp グループ名 ファイル名
と入力します。
chown オーナ名:グループ名 ファイル名
としてオーナとグループを同時に変更する事も出来ます。



テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

【2006/01/25 21:11】 | tips | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユーザcronについて
crontabコマンドに-u アカウント名の引数をつけることで設定できる。
書式等は通常のrootで設定されるcrontabと同様。

例:
#crontab -l -u アカウント名

設定ファイルは/var/spool/cronの下にアカウント名で作成される。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

【2006/01/18 23:51】 | tips | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。