スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
qmailのインストールと設定
どのファイルが何だっけ?
とならないように作業用ディレクトリを確保。

# mkdir /tmp/Qmail
# cd /tmp/Qmail

必要なファイルをダウンロード。
# wget ftp://ftp.jp.qmail.org/qmail/qmail-1.03.tar.gz
# wget http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/qmail01/qmail-glibc.patch
# wget ftp://ftp.jp.qmail.org/qmail/ucspi-tcp-0.88.tar.gz
# wget http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/qmail01/ucspi-tcp-glibc.patch
# wget http://cr.yp.to/checkpwd/checkpassword-0.90.tar.gz
# wget http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/qmail01/checkpassword-glibc.patch

インストールするディレクトリを用意
# mkdir /var/qmail

qmailを動かすためのグループ:ユーザを追加

# groupadd nofiles
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaild
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaill
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmailp
# useradd -g nofiles -d /var/qmail/alias -s /bin/false alias
# groupadd qmail
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailq
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailr
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmails

# tar zxvf qmail-1.03.tar.gz
# cd qmail-1.03
# patch -s <../qmail-glibc.patch
# make
# make man
# make setup check
# ./config-fast 自分のドメイン
# cp /var/qmail/boot/home /var/qmail/rc


/var/qmail/rcを編集しMaildir形式へ変更
qmail-start ./Mailbox splogger qmail

qmail-start ./Maildir/ splogger qmail

# /var/qmail/bin/maildirmake /etc/skel/Maildir
# echo ./Maildir/ > /etc/skel/.qmail



tcpserverをインストール
# tar zxvf ucspi-tcp-0.88.tar.gz
# cd ucspi-tcp-0.88
# patch -s <../ucspi-tcp-glibc.patch
# make
# make setup check

転送を受け付けるアドレスを設定
/var/qmail/control/tcprules.txtを下記内容で作成
127.0.0.1:allow,RELAYCLIENT=""
192.168.11.:allow,RELAYCLIENT=""
:allow

ローカルアドレス部分は環境に合わせる。
メール転送元を増やす場合にここへ追加



checkpasswordをインストール
# tar zxvf checkpassword-0.90.tar.gz
# cd checkpassword-0.90
# patch -s < ../checkpassword-glibc.patch
# make
# make setup check



/etc/rc.localへqmailの起動設定を追加
#ここから
csh -cf '/var/qmail/rc &'
/usr/local/bin/tcpserver -u qmaild -g nofiles -x /var/qmail/control/tcprules.dat 0 25 /var/qmail/bin/qmail-smtpd &
/usr/local/bin/tcpserver 0 110 /var/qmail/bin/qmail-popup ”自分のドメイン” /bin/checkpassword /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir &
#ここまで


最後にいろんな所からメールを飛ばしてみて動作確認。
あと、アカウント名とかパスワードを間違えてみたりして、使えないはずの人が使えない事をチェックしたら完了。
スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

【2006/02/04 07:47】 | メールサーバ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<qmailでAPOP before SMTP | ホーム | メールサーバ設定のポリシーを決める>>
コメント
最後に
rm -R /tmp/Qmail
として、ファイルの掃除しなきゃでした。
【2006/02/04 07:58】 URL | ずーむ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zoom01.blog46.fc2.com/tb.php/18-87c3e2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。