スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ssh(その三)Windowsの設定
Windowsの設定
http://www.chiark.greenend.org.uk/%7Esgtatham/putty/
ここでputty本体とPuTTYgen、Pageantをダウンロードします。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/
ここでputtyの日本語化パッチをダウンロードします。
英語のままでいいって人には不要です。

全部解凍したら同じフォルダへ突っ込めばOK。



サーバからどうにかして秘密キー、id_rsaを持ってきます。
サーバ側がパスワード認証を許可している状態なら、WinSCPで簡単に取り込めます。


puttygen.exeを起動します。

PuTTY Key Generatorってのが出てくるので、Loadボタンをクリックし、先ほどサーバから持ってきたid_rsaを選択します。
そうするとパスワードの入力を求められますので、このキー用にパスワードを入力します。
最後にSave private Keyをクリック、判り易い名前で保存します。

public_keyの保存は不要です。



続いてPageant.exeを起動。

Windowsのインジケータ画面にアイコンが出来ているので、WクリックするとPagent Key Listという画面が出ます。
Add Keyボタンをクリックして、先ほど保存したprivate Keyを選択します。
パスワードを入力して、キーが登録されたらCloseします。

これで、Pagentが起動している限り簡単にサーバへ接続可能です。

いつでも使えるようにスタートメニューへ登録しておいたりしましょう。


あとはputtyjp.exe(日本語版の場合)をWクリックして、通信先を設定してあげましょう。

puttyの設定は詳しいページがいっぱいありますので探してみてください。
(適当にいじってもなんとかなっちゃいます)


スポンサーサイト
【2006/01/17 14:24】 | ssh | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<SentOSをインストールしてみて | ホーム | ssh(その二)Zaurusの設定>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zoom01.blog46.fc2.com/tb.php/3-9ca6be83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。